~ 2021年7月度日本語能力試験合格者発表 ~

2021年10月8日

2021年7月に実施された日本語能力試験において、当監理団体で監理するの実習生の中から、N1級3名、N2級27名、N3級22名が合格致しました。
数ある日本語の試験の中でも、JLPTのN1級とN2級は最も難易度が高く、毎回、合格率は3割程度とされています。

また、受験者の多くは、留学生として日本語の勉強に励んでいる者や日系企業に勤めている社会人等、高度な日本語能力が必要不可欠な方々です。

このような中で、当組合の技能実習生は、技能実習を行いながら、限られた時間を日本語を勉強に費やし、今回の功績を残しております。